もう一度いいます。福島は安全です!

もう一度いいます。福島は安全です!

2016.03.17

山村 真理菜

山村 真理菜

大学3年生

震災当時、私は高校一年生で福島市にいました。

水素爆発した後、
普通に生身で犬の散歩してましたし……笑

風評被害で東京や日本のみんなが食べてくれない
野菜やくだもの、ちょー食べてましたが…
(実際にはその年のくだものは一番美味しかったくらい!)

私は健康です!
めちゃくちゃ元気です!
報道ではいろいろ健康被害出たとか言ってますけど、
地元の子で、知り合いで誰一人ともそんな人聞きません。

仮設住宅で暮らして、先通し見えなくてどうしようみたいな人、
時々ニュースで出てきます。

でも、それは国の援助金だけで暮らそうとする場合です。

実際には津波の被害に合おうとも、新たな地に根ざして、
必死に働いて家も建てて頑張ってる人、
福島を復興させようと頑張ってる人、たくさんいます。

「福島危ない」とか、「過疎地になっている」とか、それは嘘です。
むしろたくさんの人がいすぎてアパート借りれない人がいるくらい。
多くの新しい家もたくさん建っているのをみます。

福島に住んでいる人は、今のマスコミ報道の多くが間違ってること、みんな知っています。

どうかマスコミの偏った報道に惑わされないでください。
本当の福島の今を知ってください。

そして、伝えてください!!

本当の福島を伝えること、手伝ってください!!!

長くなりました!普段言えないこと、今言います!

お知らせ

3月11日に開催した「『福島安全宣言』を求める国民大会」の模様が、3月16日の東京スポーツで報道されました。

3.17用東スポ記事写真

この記事を書いた人

山村 真理菜

山村 真理菜

大学3年生