4.13記事用「噂のSEALDsのデモに行ってきたぞい!in国会議事堂前(前編)」

噂のSEALDsのデモに行ってきたぞい!in国会議事堂前(前編)

2016.04.13

髙橋 志織

髙橋 志織

大学1年

桜も咲いて花粉症に苦しめられているというのにずいぶんと肌寒い日が続く今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

正直大学生の春休みは長すぎるぜと退屈を持て余していていたところ、3月29日に国会議事堂でSEALDsがデモをやるらしいという情報を得て、友人のAちゃんと、私たちのパパ的存在U兄さんと三人で乗り込みに行きました。その時の状況をお伝えしたいと思います。

 

19時10分 霞ヶ関駅にて

例のデモは19時30分から始まるらしいということで、霞が関駅にて待ち合わせ。しかし事情によりU兄さんから遅れるという連絡が入り、Aちゃんと二人であたりをうろついていました。デモ自体はすでに始まっているようで、拡声器で何やら叫んでいる人たちの声が聞こえます。国土交通省の前まで歩くと、人がどんどん増えてきて、信号も警察官の方々が安全確保のために交通規制を行っていました。このあたり、日本ではデモが寛容に認められているんだってことがよくわかりますね!

U兄さんがつくまで、「キラキラ女子大生ごっこ」と称し、カメラを起動せずにスマートフォンで自撮りをするふりをしながらあくまでも国土交通省に勤める兄を待つ妹たちを装って暇潰しを始める私たちをよそに、SEALDsのメンバーらしき人たちは「戦争反対!」とフライング気味にかけ声をあげながら国会議事堂のある方向へと流れていきます。

今回のデモは十代の若者をターゲットにしたデモということで、同年代の人たちが通るかなーと期待して見ていましたが、通るのは私たちの親世代の人たちばかりでした。

 

19時30分 デモに突撃

そろそろキラキラ女子大生のふりも飽きてきたところでU兄さんが到着し、いよいよ乗り込むことになりました。人の流れに沿って進んでいくと、デモの声も次第に鮮明に聞こえてきます。「集団的自衛権はいらない」「安倍はやめろ」「みんなの暮らしに税金使え」などというものを中心に、野太い声の男性に合わせて、みんなで訴えます。

リズムを取りやすいように言葉も工夫をされていて、確かにこれは耳に残りやすいなと感じました。頼まれれば再現する自信あります(笑)。

通りに植えられた木に一定の間隔をおいて拡声器が取り付けられており、かなり大規模なデモでありながら、どこにいても一体感が感じられます。道の途中にはW大学やT大学の旗も掲げられていました。

ポスター等をビラのように配りながら、受け取った人たちはそれを持って歩き、いったいどこの花火大会だよ( ゚Д゚)というくらいの盛り上がりを見せていました。広い通りではしっかりと給水所が設けられていて、水だけでなく簡単なお菓子も配られていました。一声も貢献していないにも関わらず、U兄さんは水をもらっていました。さすがみんなのパパです。

次回は・・・
デモがさらにヒートアップしてどんな感じだったのかをご紹介します!