僕がNYに飛ぶ理由

2016.05.25

池村 聡

池村 聡

名古屋市立大学 人文社会学部国際文化学科4年
残りの学生時代に世界5大陸制覇をしたいと思っています。
これまで行った国はケニア・ウガンダ・イン ドネシア・アメリカ。 国際関係(中東、東アジア)、途上国支援に興味があります。
ちなみに、好きなものは日本・エンゼルクリーム・ペット動画・バイクです。

香港に行った坂爪くんに続き、僕はニューヨークに約10ヶ月間いってきます。

坂爪くんの記事

・僕が香港に飛ぶ理由
http://truthyouth.jp/2016/152/

・香港探訪記 一日目 「初めて見る、香港の街」
http://truthyouth.jp/2016/163/

 
僕がどうしてもアメリカに行きたかった理由は3つです。

 

理由その1:『アメリカ大統領選挙があるから』

今年は4年に1回行われるアメリカ大統領選挙があります。
7月に共和党、民主党から大統領候補が決まり、
11月に新大統領が選出されます。


共和党からは、メディアの注目を集める“問題発言”を繰り返すドナルド・トランプ氏。

民主党では、女性初の大統領になるかもしれないヒラリー・クリントン氏と、 “社会主義者”と自称するバーニー・サンダース氏が、指名争いで火花を散らしています。
ただ、事実上の勝利宣言をするなど、ヒラリー氏が優勢です。

アメリカ国民の心をつかむのは誰なのか。
新大統領はいったい何をしようとしているのか。
現地ならではの雰囲気を感じつつ、チェックしていきたいです。

 

理由その2:『アメリカが転換期だから』

大統領選挙が例年以上に注目されている理由の一つは
“アメリカが守るべき価値観・正義は何であるのか”が
問われているからだと思います。

2008年、“チェンジ”を合い言葉に就任し
約8年間続いたオバマ政権下で
アメリカはかなり変質したと思います。


アメリカはこれまで“世界の警察官”として
積極的に外国の紛争に介入してきました。

しかしながら、オバマ大統領は2013年にシリア問題を
引き合いに「アメリカは世界の警察官ではない」と宣言し、
中東・アジアから徐々にその影響力を弱めています。

その結果、もたらされたのはイスラム国の台頭と
中国の軍事的進出です。

国内問題においても、オバマケアによって
社会保障の充実を目指し、今年の1月には
富裕層に対して更なる課税強化を訴えています。

つまり、2008年から始まったオバマ政権下で
世界の警察官から弱腰外交へ、自由の大国から左傾化へと
“チェンジ”しているのです。

“アメリカとは何か”。それを考えることで
“日本はどうあるべきか”もつかんでいきたいです。

 

理由その3:『自分磨きのため』

“若者としてできること・やるべきことは何だろう”
日本や世界で起きている社会問題を見ると、
そう思ったことはありませんか?

僕なりに考えて出した答えは、学生として
5年後、10年後、20年後の未来で、日本や世界から
必要とされるような人材になるために『自分磨き』を
することです。

無名で、まだ何者でもない『若者』かも知れませんが、
このなかからきっと次世代の『リーダー』や『英雄』が
出てくるのだと思います。

(批判もありますが、トランプ氏もリーダーの一人ですよね)

これから未来になすべきことは何であるかを研究し、
日本の良さを世界に向けて発信できるような人間になれるよう、
しっかりとがんばりたいと思います。

参考文献

・「正義の法」 著:大川隆法
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1591

・「国際教養概論」講義 著:大川隆法
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1400

参考

・The Liberty Web「アメリカ大統領選 トランプの正体 この暴言王は日本の友人か? Part 1」
https://the-liberty.com/article.php?item_id=10968

この記事を書いた人

池村 聡

池村 聡

名古屋市立大学 人文社会学部国際文化学科4年
残りの学生時代に世界5大陸制覇をしたいと思っています。
これまで行った国はケニア・ウガンダ・イン ドネシア・アメリカ。 国際関係(中東、東アジア)、途上国支援に興味があります。
ちなみに、好きなものは日本・エンゼルクリーム・ペット動画・バイクです。

最近書いた記事

こちらもおすすめ

S__246915185_2

投開票日5日前