トップ

おっ!シンガポール大手新聞Straits Times紙から、インタビューされた記事が載った件。

2016.07.09

坂爪 祐貴

坂爪 祐貴

早稲田大学3年生

7月10日、いよいよ参議院議員選挙です。

以前、書いた記事「香港探訪記」に興味を持って下さったStraits Times紙の東京支社の方から、この度、日本の選挙が近づいているということで、日本の学生の一人として取材して頂きましたので、紹介します。

取材を通じて、いくつか質問をぶつけてみて、先方からも答えていただいた内容などを参考にシンガポールの政治状況を考えてみましたが、それは次回のお楽しみに。

 

掲載していただいた記事のタイトルは“In pursuit of Japan’s young voters”

・記事はこちらです→
http://www.straitstimes.com/asia/east-asia/in-pursuit-of-japans-young-voters

 

記事は、明日の参院選挙において18歳選挙が始まることに着目した内容となっています。

日本の選挙について専門家や、様々な学生の声を取り上げています。

“GROWING AWARENESS ”の箇所から、今回、私がインタビューしていただいた内容が書かれています。

 

ざっくり、取り上げていただいた内容。

・2009年に幸福実現党のマニフェストを読んで、政治に興味を持った。

・立当時から、幸福実現党は、自民党でも民主党でもない第3の選択として、政治的ポジションをとっていた。

・幸福実現党の政策は、保守思想といえる。自衛のために集団的自衛権や、北朝鮮や中国からの脅威に対応するための核装備を訴え、神仏の思想に反するマルクス主義には反対している。

・幸福実現党の若者サイトTRUTH YOUTHに記事を寄稿しており、最近、香港に行き、2014年に雨傘革命を参加した学生活動家に取材した。

・香港の学生は、投票するという権利の大切さや、その責任について教えてくれた。

・香港では投票権はないが、日本では投票権が認められている。
・そんな自由な国に住む、若者の一人として政治について考え、行動し、日本に貢献したい。

・北朝鮮や中国は、全体主義で、国民から自由を奪っている。

・日本はアジアの大国の一つとして、そうした国の行動には立ち向かう必要がある。

・シンガポールはマラッカ海峡に位置していて、日本にとっても重要。

・東南アジアの国々との結びつきを、日本は強めて、アジアの自由を推し進めていくべきだと思う。

ざっくりこんな感じでした。

海外からの方が、もしかするとフェアに幸福実現党の活動が見えているのかもしれませんね。

 

“ほんとう”に納得することを考えよう。

本記事の締めくくりには、既存の社会を変革するにも、若者が自分の意見を表現する新しい方法の必要性が語られています。

そんな若者の意見を取り上げるためにも、TRUTH YOUTHでも記事を書いています。

若者から、若者に伝える。
そんなメディアがもっと必要では、ないでしょうか。

“ほんとう”に納得する道を、探していきましょう。

 

香港探訪記の記事はこちら

→僕が香港に飛ぶ理由」
http://truthyouth.jp/2016/152/

→香港探訪記 一日目 「初めて見る、香港の街」
http://truthyouth.jp/2016/163/

→香港探訪記 二日目 「初めて会う、革命のリーダーたち」
http://truthyouth.jp/2016/174/

→香港探訪記 三日目 「あらためて考える『自由』って何だろう?」
http://truthyouth.jp/2016/181/

→香港探訪記 四日目 「あらためて目を向ける『現実』」
http://truthyouth.jp/2016/193/

→香港探訪記 五日目(最終日)最後に振り返る、香港の旅~「自由」って?「革命」って?
http://truthyouth.jp/2016/216/