これからも――。湧きいずる“きもち”

2016.07.11

まや

まや

大学3年生

今回の2016参院選。
若者としても精一杯、ご支援をいただけるように活動してきましたが、残念ながら幸福実現党は議席を取ることができませんでした。

しかし、それでも、何度負けても、
「この日本という国をもっといい国にしたい」
という思いは消えません。

 

18歳からの政治参加がはじまった

幸福実現党を支援する若者も、様々な形で政治参加しました。

初めて、街宣でマイクを握り、自分の意見を伝えた18歳の女子学生。

海外留学をしていて、今まであまり日本の政治に関心がなかったけど、今回、初めて自分の問題として、政治を考え始めた、20歳の男子学生――。

それぞれの立場から、
“ほんとう”に日本に必要だと思うことを伝えました。

 

これからも、不屈の闘志で。

やっぱり、若者が政治と向き合わなければ、
より良い未来は開けないのではないかと考えています。

だからこそ、
まだまだ未熟ではありますが、

「日本をもっといい国にしたい」
という志を曲げずに、

不屈の闘志で、
「日本をもっといい国にするための活動」を
私たちなりに考えて、励んでいきたいと思います。

どうか、これからもよろしくお願い致します。