Q.政教分離の問題は大丈夫なの?

大丈夫です!
ちなみに、現在6名の幸福実現党・公認の地方議員が各地で活動しています(2016年1月時点)。

そもそも「政教分離」は、誤解されがちです。
この法律を作った理由は、「国家が特定の宗教の立場をとって、他の宗教を弾圧してはならない」というものです。

実際に、1999年の内閣法制局の答弁を見てみましょう。

「憲法の政教分離の原則とは、信教の自由の保障を実質的なものとする。そのため、国およびその機関が国権行使の場面において宗教に介入し、または関与することを排除する主旨である。宗教団体が政治的活動をすることをも排除している趣旨ではない」 (大森内閣法制局長官の国会答弁)。

要するに、国家が宗教を弾圧することを禁じたもので、宗教が政治活動をすることを禁止したものではないということです。

また、例えばドイツやインドでは与党が宗教政党であるように、ヨーロッパではキリスト教系、中東ではイスラム教系の政党があります。世界を見渡すと、宗教政党は珍しいわけではないのです。

こちらもおすすめ

Q.消費税の減税って、財源はどうするの?

まずは、経済を成長させて、税収増を目指します! 消費税の増税は、景気に大きなダメージを与えて、長い目で見ると、法人税収や所得税収が減ることで、トータルの税収も減少します。 税収と増税のグラフ 財政赤字を減らすために、1989年4月に消費税3%を導入しましたが、それ以来、財政赤字は改善されるどころか、…

もっと読む

Q.マイナンバー制度って大丈夫なの?

危険です! このまま使用範囲が拡大すると、私たちの自由やプライバシーが著しく侵害される可能性があります。 マイナンバー法は、2013年5月に「国民の利便性」などを目的に、「税・社会保障・災害対策」の3分野に利用を限定して成立しましたが、本格的に運用される前の2015年9月に、マイナンバーの「利用範囲…

もっと読む

Q.幸福実現党は、平和についてどう考えているの?

もちろん!世界の平和に貢献したいと思っています。 そのためにも、「自分の国を自分で守る」体制を整えることが大切です。 中国・北朝鮮による軍事的な脅威は続いています。 2010年10月には、尖閣諸島で「中国漁船衝突事件」が起きました。 最近でも、中国は南シナ海で人工島の埋め立て活動を続け、北朝鮮は水爆…

もっと読む