Q.幸福実現党は、平和についてどう考えているの?

もちろん!世界の平和に貢献したいと思っています。
そのためにも、「自分の国を自分で守る」体制を整えることが大切です。

中国・北朝鮮による軍事的な脅威は続いています。
2010年10月には、尖閣諸島で「中国漁船衝突事件」が起きました。
最近でも、中国は南シナ海で人工島の埋め立て活動を続け、北朝鮮は水爆実験を行うなど、日本を取り巻く環境は緊迫しています。

自国の防衛を怠れば、日本が危険な状況となることは明らかです。
国民の生命・安全・財産を守る。そして、世界平和に貢献する道を考えるべきです。

こちらもおすすめ

Q.政教分離の問題は大丈夫なの?

大丈夫です! ちなみに、現在6名の幸福実現党・公認の地方議員が各地で活動しています(2016年1月時点)。 そもそも「政教分離」は、誤解されがちです。 この法律を作った理由は、「国家が特定の宗教の立場をとって、他の宗教を弾圧してはならない」というものです。 実際に、1999年の内閣法制局の答弁を見て…

もっと読む

Q.どうして宗教政党として、政治活動を始めたの?

幸福な人をもっと増やして、世の中をよくしていきたいからです! 幸福実現党は、「宗教法人 幸福の科学」を最大の支持母体として2009年に立党しました。 立党前からも、政治面で様々なアドバイスをしてきました。 しかし、「経済の低迷」、「防衛上の危機」など、政治がよくならないために、国民の幸福が損なわれて…

もっと読む

Q.消費税の減税って、財源はどうするの?

まずは、経済を成長させて、税収増を目指します! 消費税の増税は、景気に大きなダメージを与えて、長い目で見ると、法人税収や所得税収が減ることで、トータルの税収も減少します。 税収と増税のグラフ 財政赤字を減らすために、1989年4月に消費税3%を導入しましたが、それ以来、財政赤字は改善されるどころか、…

もっと読む